niwatori

ニワトリって柔らかくて温かい

当店は「ニワトリカフェ」として2016年5月にオープンしました。
昔はどこの家の庭先でも目にしていたニワトリですが、最近は飼育者が減少し、生活の中で目にする機会が少なくなっています。
ニワトリには、畜産動物や家禽という実用鶏のイメージがありますが、古来より愛玩動物(ペット)としても大切に飼育され、日本だけでなく世界各地で多くの美しく愛らしい「観賞鶏」が作出されています。
私たちは、あらためてニワトリの魅力を多くの方々に知って頂きたい、という想いで本カフェをオープンしました。
まだニワトリに触れたことがない子供たち、昔ニワトリを飼っていた方、動物が好きな多くの方々に、ニワトリを抱くことで、その温かさ、可愛らしさ、また命の尊さなど、何かを感じ取って頂ければ嬉しく思います。

当店ではペット用ニワトリ「プチコッコ」と触れ合うことができます。プチコッコは平成12年頃に高知県畜産試験場が研究・開発したペット用のニワトリです。とても大人しくて人懐っこいのが特徴ですが、現在はかなり希少な存在となっています。
※当店では販売しておりません

プチコッコとのふれあい(無料)は、カフェの外に設置したスペースでお楽しみ頂けます。プチコッコは接客スタッフとして専用のオムツを着用し、週に一回程度はお風呂に入っていますので清潔です。消毒液、手洗い設備も完備しておりますので衛生面につきましてもご安心下さい。

春から秋、天気がよい日はお店の周りを散歩したり、砂浴びやお昼寝をしたりと、マイペースでのんびり暮らしています。そんなプチコッコたちの一番の楽しみは「食べること」。ふれあいスペースではプチコッコたちへのエサやり(100円、数量限定)を体験頂けます。

ニワトリを飼ってみませんか?

太陽の光を浴び、土の上を走りまわり、植物や虫を食み、タマゴを産む、というスタイルがニワトリにとって最も自然で理想的であると考えます。
しかし昨今の住宅事情ではこのような庭先養鶏が困難な場合が多いため、他の動物と同じく、室内飼育を選択する方も増えています。
普段はケージで、遊ぶときはオムツをつけ室内で放し飼い、休日はいっしょにお散歩、というスタイルも可能です。
もしニワトリの飼育に興味がある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声がけ下さい。
ニワトリの入手、飼育方法、エサや飼育用品など、何でもご相談に応じます。
また当店は高知県日本鶏保存会に所属しておりますので、プチコッコ以外の魅力的なニワトリたちも紹介させて頂きます。
※カフェの営業時間中は対応できない場合がございます
※お問い合わせはこちらからどうぞ

PAGE TOP